ベトナム旅行には

ベトナム航空が断然オススメ!

B787(1).jpg

ベトナムは入国の際のPCR陰性証明書提出が不要で、入国がスムーズにできるため、各国から観光客が戻ってきている。特にビーチリゾートの人気が高く、リゾートホテルでのんびりと滞在する観光客が多い。

先月訪れたホーチミン近郊にあるメリア・ホーチャム ビーチリゾートは大自然に囲まれたリゾートホテルなので、ゆったりとした時間が流れていてコロナ禍で疲れた心身を癒してくれる。敷地内に100を超えるヴィラが点在し、ヴィラに滞在すれば他のゲストと接する機会は減り、ストレスフリーで過ごせるのでオススメだ。

310MeliaHoTram-The_Level_Swimming_プール.jpg

メリア・ホーチャムビーチリゾート内THE LEVELゲスト専用プール

130MeliaHoTram-3_Bedroom_Villa_外観.jpg

メリア・ホーチャムビーチリゾート内ヴィラの外観

ベトナムのフラッグキャリアであるベトナム航空は、機内からベトナムのおもてなしを体験できる人気のエアラインだ。ベトナム民族衣装のアオザイを着用したキャビンクルーがきめ細やかな対応で快適な空の旅をサポートしてくれる。

ベトナム航空のビジネスクラスを紹介しよう。

空港ではビジネスクラス専用カウンターでチェックインの後、搭乗時間までラウンジ利用ができる。ハノイ・ノイバイ国際空港、ホーチミン・タンソンニャット国際空港にあるベトナム航空専用ラウンジでは、フォーや春巻きなどのベトナム料理や、洋食、フルーツなどブッフェスタイルで軽食を楽しめ、アルコールを含むドリンクも充実している。ビジネスセンター、マッサージチェアなどのサービスもあるのが嬉しい。

Business Class B787-9(2).jpg

​ビジネスクラスのフルフラットシートは寝心地抜群

Business Class B787-9(3).jpg
Business Class B787-9(4).jpg

ビジネスクラスは1-2-1配列

ホーチミン便の機材はB787ー9かエアバスA350ー900で、フルフラットシートでベッドのように心地よい。福岡便のみ機材はエアバスA321で、ゆとりある座席感覚と広々とした足元空間でフルフラットにはならないがゆったりとくつろげる。機内食はフルコースでおもてなし。アミューズ・ブーシュと食前酒、スープ、メイン(4種より選択)、チーズ&フルーツ、デザートと中距離路線ではあるが、長距離路線並みのメニュー構成だ。食事はベトナムの老舗磁器メーカー「ミンロン」の蓮の花をイメージした食器で提供される。日本行きの朝食では、ベトナムの国民食「牛肉入りのフォー」が人気。ドリンクは食前酒、スピリッツ、リキュール、カクテル、ワイン、シャンパン、日本酒、ソフトドリンクなどから選べる。ビールは日本のビールの他、ベトナムのビール「333(バーバーバー)」、「ハリダ」もある。

エアラインを選ぶにあたり、マイレージサービスが気になる人も多いと思う。ベトナム航空は、「ロータスマイル」を提供していて、世界的な航空連合のスカイチームに加盟している。また、ANAグループとマイレージプログラムなどで業務提携しているため、ANAコードシェア便に関しては、搭乗便でマイル積算が可能。

※一部、マイル積算対象外の路線、便、予約クラスがある

 

詳細はベトナム航空のHPをご覧ください。

 

ベトナム航空   https://www.vietnamairlines.com/jp/ja/home

 

日本語版公式Facebook https://www.facebook.com/VietnamAirlinesJP/

日本語版公式Instagram https://www.instagram.com/vietnamairlines_japan/

日本語版公式ツイッター https://twitter.com/meets_vietnam