People

菜の花皮膚科クリニックの皮膚科・美容皮膚科医師であり、『本当の無添加化粧品 ワイエスラボ』代表の菅原由香子先生に旅の必需品を伺いました。前回の続きです。

IMG_9494_edited.jpg

菅原由香子先生愛用のガイアの水135 ポット式浄水器

前回は、先生の旅の必需品である浄水器について、お話を伺いました。前回の記事はこちら​今回は、旅の必需品第二弾と顔トレーニングなどを伺いました。

A:前回のインタビューで、携帯しているサプリメントがあるとのことでしたが、どのようなサプリメントなのでしょうか?

菅原先生:水素サプリメントです。

A:菅原先生が開発した水素サプリメント「リニアビューティ」ですね?

菅原先生:そうです。この「リニアビューティ」には、水素だけでなく、糖化を防ぐハーブも配合しています。食べすぎると活性酸素が体内に増えます。ご存知だと思いますが、体内で活性酸素が大量に産生されると細胞に傷害をもたらすのです。水素は、体内に悪影響を及ぼす活性酸素を還元・無毒化します。

旅先では、血糖値のことも全く考えずに食べたいものを食べるので、血糖値が上昇したり下降したりするため、糖化も心配になります。活性酸素、糖化どちらも老化の原因になるため、予防が必要です。「リニアビューティ」には水素だけでなく、糖化を防ぐハーブ、甜茶、柿の葉、熊笹、バナバを配合しました。食べ過ぎてもこのサプリメントを飲めば、糖化しにくくなりますし、活性酸素も防げますので、海外では必ず持っていきます。

 

A::食べる前に飲みますか?

菅原先生:食前に飲んだり、食後に飲んだりしています。このサプリメントは、1日3~6粒を摂取することを推奨していますが、私は約2倍の量を飲んでます。水素サプリメントで摂取した水素は、長時間効くように設計していますが、こまめに摂取することで、活性酸素の発生を防ぎます。活性酸素は、早歩きするだけでも普段より発生しますし、ストレスを感じてもいつもより活性酸素が発生するため、こまめに摂取するのがおすすめです。海外でも、運動は欠かせないのですが、運動する前には水素サプリメントを5~6粒一気に飲んでジムに行きます。

 

 

A:私は水素水を飲んでいますが、海外ではサプリメントが良さそうですね。

菅原先生:水素サプリメントは水素水よりも水素を5倍も効率的に摂れるというデータがあります。水素水の水素の含有量は上限が決まっていますから、サプリメントをこまめに飲むほうが効率的に水素を摂れますね。海外に持って行くのも水素水よりサプリメントの方が便利ですよね。

 

 

A:機内には水素水は持ち込めませんがサプリメントならOKですね。

菅原先生:飛行機に乗る前、超距離フライトの機内でもサプリメントを飲むのがオススメです。

HSS902_main.jpg

水素サプリメント「リニアビューティ」

A:菅原先生に、コロナ禍での女性の悩みである「マスク老け」について伺いました。

菅原先生:マスクを着けていないと、人と会話する際、笑顔を作ったり気が張っていますよね。マスクで顔が見えないので、気が緩んでいるのだと思います。マスクを着けていると、息苦しくて口を開けっぱなしにしている人もいると思います。その場合、口呼吸していることが原因かもしれません。そうならないように、マスクで隠れている部分も意識することが大切ですね。

 

A:改善策はありますか?

菅原先生:マスク着用している時にオススメしたい顔のトレーニングがあります。口の周りの筋肉が鍛えられる顔トレーニングです。

まず、歯の表面に舌をつけます。上の前歯から右奥、次に右下の奥歯に移動して、ぐるっと舌を一周させます。舌で歯の表面をなぞる感じです。これを10回。その後、左周りで10回。これが1セットです。例えば朝、昼、晩と時間をあけて、1日に2~3セットすると効果が出ますよ。舌をゆっくり動かすのがポイントです。

 

 

A:歯の裏側はやりますか?

菅原先生:表面だけです。舌を歯の表面に沿って移動させます。このトレーニングは口の周りの筋肉が鍛えられて、ほうれい線が薄くなります。

このトレーニングは、口を閉じてやると、口の周りに梅干しジワができる筋肉も鍛えられてしまいますので、口を自然に開けて、やってくださいね。

 

A:口を閉じてトレーニングすると、顎に力が入りますね。鏡で見ると顎に梅干しじわができてました。

菅原先生:でしょ!口は軽く開けてトレーニングしましょう。マスクしていると、人目を気にせずトレーニングできますよね。電車内とか移動中など、時間を有効活用してみてくださいね。

A:このトレーニングを継続しているとほうれい線は消えますか?

菅原先生:消えることはないですが、ほうれい線が目立たなくはなります。ほうれい線や老化が気になる人は、レーザーとか高周波などを試してみるのもよいですね。皮膚を持ち上がるようなハイフが流行っているので、悩んでいるのであれば、受けてみられるのもオススメです。ウルセラというハイフが人気がありますよ。

A:個人的なことですが、マスクをするようになり、アイメイクが濃くなりました。アイメイク専用リムーバーは肌が荒れてしまうので、リムーバーではなくて、アイクリームで落としているのですが、メイクが濃いためか、落としきれません。アドバイスをお願いできますか?

菅原先生:私は薄化粧で、私の開発したメイクアップ製品を使っています。それも石鹸で簡単に落ちるものだけですので、落ちにくい化粧はしていないのですが、アイメイクを濃くしなくても良いのではないかと思いますよ。

 

A:薄化粧にすればよいのですが、アイライナーはバッチリ描きたいタイプです。ですが簡単には落ちないのが悩みです。アイクリームと綿棒使って落としています。

菅原先生:綿棒で落としていると、摩擦で目の周りがたるみます。食用のエキストラヴァージンオリーブオイルを時間をかけて優しくなじませて落としてみるのはいかがですか。アイクリームよりオススメですよ。

今後は、そういう落ちにくいアイライナーなど、肌に負担がかかるものを使うのはできるだけやめた方がよいですね。シリコンが入っているものは落ちにくいです。目の周りの皮膚は薄くて敏感なので、毎日つけたりとったりが刺激になるので、気をつけましょう。

A:アドバイスありがとうございました。

インタビュー終了後、エキストラヴァージンオリーブオイルでアイメイクを落としましたが、驚くほどするっと落ちました。肌への負担もなくて、悩みが解決いたしました。

yukakoimage_pc_edited.png

『本当の無添加化粧品 ワイエスラボ』代表 /  菜の花皮膚科クリニック 皮膚科・美容皮膚科医師 菅原由香子

 

大学時代から20年以上肌荒れに悩み、原因は化粧品に含まれる 化学物質だと気付く。世の中に完全な無添加化粧品がないことを悟り、自らの顔を実験台にし、腫れあがることを繰り返して、『本当の無添加化粧品ワイエスラボ』を開発した。

 日本、アメリカ、シンガポール特許を取得している。

 何をしても治らない肌荒れに悩む人が噂を聞きつけて、日本全国から診察希望者が多数訪れる。

 著書『化粧いらずの美肌になれる3つのビューティケア』

 本当の無添加化粧品ワイエスラボ

 https://yslabo.net/

 

 

菜の花皮膚科クリニック

〒021-0053 

岩手県一関市山目字中野62-1

電話:0191-33-2332

休診日:木曜午後・日曜・祝日

診療時間:9:00~18:00 

木曜日 :9:00~12:00 

土曜日: 9:00~15:00