ベトナムの

メリア・ホーチャム ビーチリゾート

で過ごすラグジュアリーな休日

005MeliaHoTram-ロビー.jpg

​ホテルロビーからの眺め

日本人に人気のベトナムのビーチリゾートといえばダナンやフーコック島だと思うが数年前から注目を集めている高級ビーチリゾートがホーチミンシティ近郊にあるとのことでそのリゾート地を見るために3年ぶりにベトナムに取材に行った。

 

ホーチミン空港やホーチミンシティからクルマで約2時間で行けるブンタウ省に位置するホーチャムは、自然保護地域と海に囲まれたリゾート地だ。2019年にスペイン大手ホテルチェーンのメリアホテルズインターナショナルが「メリア・ホーチャム ビーチリゾート」を開業したことがきっかけとなり、ホーチャムは高級ビーチリゾートとしてベトナム国内の富裕層や世界中のトラベラーを魅了している。

ホーチミンシティから近いこともあり、週末にファミリーでヴィラに宿泊して海やプールで過ごすというライフスタイルがベトナムの人たちに人気なのだそうだ。

ホーチミン近郊のビーチリゾートといえばブンタウが長年人気リゾート地だったが、ホーチャムの開発が進むにつれて、ラグジュアリーなビーチリゾート地であるホーチャムに憧れる人たちが増えてきた。ホーチャムを代表するヨーロッパスタイルのラグジュアリーホテル「メリア・ホーチャム ビーチリゾート」を紹介する。

331MeliaHoTram-Cocoon_Beach予備.jpg

ビーチにて(イメージ写真)

「メリア・ホーチャム ビーチリゾート」は、メリアホテルズインターナショナルのブランドで、ベトナムの企業とコラボレーションした5つ星のリゾートホテル。ここの特徴は、10,000㎡以上の敷地内に独立型のヴィラが124個も点在していること。ヴィラのタイプは4種類、小さいサイズの1ベッドルームのヴィラで広さ120㎡からベッドルームが4室ある大きめのヴィラだと465㎡の広さがあり、用途に合わせてヴィラを選択できるのが嬉しい。ここはカップルやファミリーと水入らずでヴィラでのんびりと過ごしたい人たちから大人気のリゾートホテルなのだ。

ヴィラの中でも大人気なのがTHE LEVELヴィラ。THE LEVELとはメリアホテルズインターナショナル系列ホテル共通の呼び方で、最上級ランクの客室とサービスを意味している。

THE LEVELの名の付いたヴィラを見せていただいたが、ため息が出るほど素晴らしかった。洗練されたインテリアや外観は想像以上の心地よさで、それだけではなく、THE LEVELの宿泊者は専用プールやラウンジで寛ぐことができる。

自分好みの別荘を好きな場所に設計して建てるのもそれはそれで良いけれど、好きなホテルチェーンで自分好みの客室とサービスを提供してくれるところを見つければ、自分の別荘に滞在する時と同じように快適である。

133bMeliaHoTram-The_Level_4-Bedroom_Villa_Master_room_リビング.jpg

​THE LEVELヴィラ(4ベッドルーム)のリビングルーム

133cMeliaHoTram-The_Level_4-Bedroom_Villa_Master_room_リビング.jpg

THE LEVELヴィラ(4ベッドルーム)

オーシャンフロントのヴィラ

IMG_3561_edited.jpg
IMG_3579.JPG

ヴィラの外観

THE LEVELヴィラ(4ベッドルーム)の

リビングルームからの眺め

133aMeliaHoTram-The_Level_4-Bedroom_ベッドルーム.jpg

メインベッドルーム

客室はヴィラとタワー棟の2種類あり、今回私はタワー棟のデラックスルームに宿泊した。タワー棟の客室には、デラックスルームとスイートルームの2タイプで全てオーシャンビュー、バルコニー付きで全156室ある。

タワー棟のデラックスルームはシンプルで機能的な作りで、インテリアはスペインのデザインをベースに、ベトナムのエッセンスを融合させており、旅人の心を和ませる空間。広さは47㎡で、部屋からはどの角度からも海が見渡せる。私の客室は16階だったが、カウチに横たわっても視界には海が広がり、洗面所の壁がガラスになっているので歯を磨きながらも海が見えるのだ。どの階に宿泊しても、景観と一体化した設計で自然の中に滞在している気分になる。

Wi-Fiはフリーアクセスなので、リモートワークにもオススメだ。タワー棟の一階にはレストランSASAがあり、ベトナムコーヒーや野菜のフレッシュジュースなどのドリンクやフードメニューも部屋に持ち帰れる。部屋にはネスプレッソが備えてあり、冷蔵庫にも色々な種類のドリンクが用意されていた。

IMG_3599_edited.jpg

​全室オーシャンビューのタワー棟

広大な敷地内はバギーか自転車で移動するのが便利。タワー棟からフロントまでは徒歩3分で行ける距離だが、バギーがホテル正面に待機しているときは便乗させてもらえる。

フロントのある建物内にTHE LEVEL専用のラウンジがある。

THE LEVELヴィラとタワー棟のスイートルームに宿泊している人限定でラウンジの利用が可能。エスプレッソやカプチーノ、冷たいドリンクなどがあり、時間帯によってスナックだったり、軽食が提供される。私の行った時間帯はクッキーとナッツの用意があった。このラウンジ内には、受付カウンターもあり、THE LEVELの宿泊者はラウンジ内でチェックイン、チェックアウトを済ませることができる。そのほか、好みの枕を選べたり、スパのサウナとスチームサウナを無料で利用できるなど数多くのサービスを受けられる。

320MeliaHoTram-YHI_Spa_entranceスパ.jpg

​YHIスパのエントランス

敷地内にはレストランが3店舗とカフェが1店舗ある。タワー棟の1階にある「SASA」は、朝食からディナーまでオープンしているレストラン。毎朝こちらで朝食を食べ、それ以外の時間帯はランチやカフェラテ持ち帰りなどで利用していたが、とにかく朝食にメリア・ホーチャムの食の魅力全てが詰まっていると言っても過言ではない。

ブッフェスタイルの朝食には、ベトナムの代表的な料理が並ぶ。フォー、バインセオ、ゴイガーなどのほか、フルーツや自家製ヨーグルト、生野菜、フレッシュジュースなどがある。中華料理の点心や寿司ロールなどもあった。珍しいものといえば、手作りバインミーコーナーがあり、パンにナイフで切れ目を入れて、その中に好きな具材を詰めて網焼きで十分に加熱するというのも楽しかった。さらに、スペインコーナーが設けられていて、スペインの朝食の定番であるチュロスのチョコレートソースがけが置いてあった。私にとっては思いがけないスペインとの遭遇となり、以前マドリードにあるメリアカスティージャに宿泊して朝食にチュロスを食べたことを思い出した。ベトナムはフランス支配下だったこともあり、パン(バゲット)の質が高いため、バインミーのパンも絶品であった。世界中の観光客が満足するであろう充実した朝食ブッフェで、2日間の滞在で2回利用したが、料理内容も前日とは若干メニューを変えていたりと朝食ブッフェにはかなり力を入れている。本格的なカプチーノが朝飲めるのは私的には高評価だった。

SASAはタワー棟の宿泊者には便利で、ランチに立ち寄りベトナムカレーを食べたり、翌日に小腹が空いて生春巻きとキャロットジュースをテイクアウトしたりと頻繁に訪れたレストランだった。

206MeliaHoTram-Sasa_Restaurant_terrace_garden_views予備.jpg

レストラン「SASA」のテラス席

IMG_3704.JPG

​菓子パンコーナー

IMG_3717.JPG

スペイン料理コーナー

IMG_3709.JPG

​日によって若干メニューが変わる

IMG_3706.JPG

ドリンクコーナー。スイカジュースが美味

敷地内には海沿いのレストラン「Breeze」と「Muoi」がある。Breezeはカジュアルなレストランで、海鮮料理やウエスタン料理メニューも豊富だ。ビーチ沿いで砂浜からすぐのところにあり、海が目の前に広がっている。どの席からも海が見える開放的なテラス席と店内席があり、天気の良い日のテラス席は昼の時間帯から利用者で賑わっている。二階にあるMuoiは夜のみ営業の本格的なベトナム料理が食べられるレストラン。レストラン内にはシガーとウイスキーが愉しめるバーもある。

フロントのすぐ横にあるカフェ「ELYXR CAFE」では、果物を使ったオシャレなスイーツが食べられる。カプチーノにはビスコッティーが添えられて提供されるので、カプチーノにビスコッティーを浸しながらいただいた。

213MeliaHoTram-Muoi_Restaurant_exteriorレストラン.jpg

レストラン「Muoi」のテラス席

IMG_3806.JPG

Muoiは本格的なベトナム料理を食べられる夜のみ営業のレストラン

ベトナムの穴場ビーチリゾート地ホーチャムにある「メリア・ホーチャム ビーチリゾート」は、ヨーロッパリゾートの気分を日本から近いアジアのビーチで満喫できる心地よいリゾートホテルであった。

空港からビーチリゾートの往復は無料シャトルバスがあり便利である。コロナ禍には帰国時にPCR検査を受けなければならないため、ホーチミンシティに一泊した。日本人医師がいるDYMメディカルクリニックを事前予約しておけば、ホーチミンシティに到着後すぐにPCR検査を受けられて、17時までに検査をすれば、翌日14時以降には陰性証明書を発行してもらえる。日本人スタッフが常にいるため、安心してPCR検査を受けることができた。

ホーチミンシティには、メリアホテルズインターナショナルの系列の「インサイドホテルサイゴン」があり、メリア・ホーチャムとインサイドホテルサイゴンを行き来するハイヤーを手配することも可能だ。ハイヤーだと集合時間など気にすることなく、ホテルからホテルまで楽に移動できる。燃料代高騰と円安の影響で若干高額に感じるハイヤー代ではあるが、コロナ禍で色々と気になる方には安心、安全に移動できるのでお勧めする。(取材は2022年7月中旬

 

次回はメリア・ホーチャム ビーチリゾートのホテルマネジャーのインタビューを掲載。メリア・ホーチャムの魅力をご紹介する。

 

 

 

メリア・ホーチャム ビーチリゾート

(Meliá Ho Tram Beach Resort)

住所:Coastal Road, Ho Tram Hamlet, Phuoc Thuan Commune, 

Xuyen Moc District 

Ho Tram, Ba Ria – Vung Tau Province

TEL:(84) 0 254 3789 000

Eメール:info@meliahotram.com

チェックイン:16:00

チェックアウト:12:00

https://www.melia.com/ja/hotels/vietnam/vung-tau/melia-ho-tram-beach-resort/index.htm