Hotel

東京の「今」を体現するホテル、

メズム東京、オートグラフ コレクション

​ロビー

メズム東京、オートグラフ コレクション(以下メズム東京)は、竹芝地区に誕生したJR東日本グループの複合施設「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」に、2020年4月にオープンしたホテル。魅了するという言葉、「メズマライズ(mesmerize)」が名前の由来というこのホテルは、世界でもここだけの、唯一無二のホテルだ。また、「オートグラフ コレクション ホテル」は、世界最大のホテルチェーン、マリオット・インターナショナル傘下のコレクションライン。「オートグラフ コレクション」の名前を冠するホテルは世界に200軒以上あり、どこも創設者の情熱が込められた、個性や独自の発想を誇る独立系ホテルとなっている。今回は、ホットな竹芝地区から、唯一無二のホテル、メズム東京を紹介しよう。

ホテルからの眺望

メズム東京は、東京の絶えず変化する「今」を伝統と革新の融合をもって新しく創出する、”TOKYO WAVES”がコンセプト。ここでは、東京の躍動感を「五感」を通して楽しめる、ステイ・エクスペリエンスがユニークだ。

 

ホテルフロアは16~26階。レセプションデスクのある16階にあがると、浜離宮恩賜庭園が一望のもと。ここからは春は桜、秋には紅葉も楽しめる。また隅田川と東京湾、遠くには東京スカイツリーなども望むことができ、居ながらにして東京の絶景を堪能できる。ホテル下には船着場があり、浅草、お台場、葛西臨海公園などに水上バスで行くこともできる。

客室:Chapter3 ダブルルーム

客室:Chapter4 スイートリュクス

客室は265室。部屋のカテゴリーはチャプターと呼ばれており、チャプター1から4までの4タイプに分けられる。最上階に位置する「チャプター4 スイート リュクス」は180平米もの広さのラグジュアリー空間。キッチンも備わっており、パーティールームとしても活用できる。シェフを呼んでのケータリングサービスも可能で、VIP向けの商談会などの企業イベントにも最適だ。

 

五感を魅了することにこだわっているメズム東京では、ホテルステイがゲストにとっての新しいチャプター(一章)となるように、様々な演出が施されている。特筆すべきは、全室にカシオのデジタルピアノが置かれていること。なのでゲストは日常ではあまりない、楽器に触れるという体験ができる。弾いて楽しむだけでなく、内蔵の60曲を滞在中のBGMとして楽しんだり、Bluetooth(ブルートゥース)スピーカーとしても使うことができる。

カシオのデジタルピアノ

ティーセット

ウェルカムスイーツ

コーヒーセット

また、アメニティは、様々な企業とのコラボレーションで誕生した「THE BLEND」シリーズが、チャプター1からチャプター4まで全室共通で置かれている。それぞれの演出にもこだわりがあり、コーヒーセットはハンドドリップのセットが一式、猿田彦珈琲のオリジナルブレンドコーヒーとともに置かれている。またティーセットには茶道具一式が、京都の老舗、舞子の茶本舗による抹茶とともに置かれている。使い方がわからなくても心配無用、プロ監修の抹茶の美味しい立て方、美味しいハンドドリップの仕方、さらにはピアノの弾き方が学べる動画が客室備え付けのタブレットに入っている。ウエルカムスイーツは、ホテルオリジナルパッケージデザインがかわいい不二家のミルキーとマカロン。パッケージにはメズム東京のユニフォーム姿のオトナなペコちゃんが描かれている。

アメニティセット

バスローブ

洗面コーナーに置かれている洋書のような分厚い本は、実はアメニティのセット。表紙を開くと歯ブラシやレザーなどが入っており、パッケージには大航海時代をモチーフにした絵が描かれている。バスタイムを演出するバスアメニティは、サスティナビリティを意識してミニチュアボトルを廃止し、男性も女性も心地よく使うことができる高品質でジェンダーレスな香りを楽しむことができる。

 

オリジナルのバスローブは着物風のデザイン。部屋着としても着られるように軽くて吸水性の高いニット素材が嬉しい。帯も付いているが、着ていてはだけないようにボタンが付いている。ローブと合わせて、雪駄も用意されている。

 

「タレント」と呼ばれるホテルスタッフの中でも、接客専門の「スターサービスクルー」が身にまとっているのは、ヨウジヤマモト社のジェンダーレスなブランド「Y's BANG ON!(ワイズ バングオン)」によるオリジナルデザイン。男女、年齢、国籍を問わず皆が同じスタイルだ。服装が同じであってもそれぞれの個性が際立つよう、Y'sのアトリエチームが一人一人に合った着こなしの指導にあたったという。クルーは皆、胸に手を当てての挨拶をするが、これは隣接する劇団四季の舞台でのカーテンコールにインスピレーションを得て取り入れたのだという。

レストラン「シェフズ・シアター(Chef's Theatre)」

16階のレストラン「シェフズ・シアター(Chef's Theatre)」は、「五感を旅する」美食体験ができ、ビストロノミースタイルのフレンチが楽しめるレストラン。まず目を引くのが、開放的なオープンキッチンと、空間を彩るカッパー(銅)色のアートワーク。温かみとラグジュアリー感を演出している。メズム東京では料理人は「キュリナリーアーティスト」、総料理長は「キュリナリーマイスター」と呼ばれている。店内のどこからでもキッチン(舞台)を観ることができ、ゲストは目の前に繰り広げられる料理だけでなく、アーティストたちの生み出す香りや音も堪能することができる。メニューは演目(プログラム)に見立てたコース料理のみの提供で、旬なテーマに沿った一品一品のストーリーを「序幕」から「終演」までまるで観劇するかのように五感で楽しむのがポイントだ。

 

同じく16階に位置するバー&ラウンジ「ウイスク(Whisk)」は、芸術家のアトリエがテーマ。有名な絵画をモチーフにしたオリジナルミクソロジーカクテルは、美味しいだけでなく遊びごころ満載でビジュアルも楽しい。

ラウンジ「クラブメズム」

エグゼクティブクラスとスイートルームに宿泊のゲストには、25階の専用ラウンジ「クラブメズム(club mesm)」が。ここではブッフェスタイルの朝食がいただけるほか、1日を通してワインやシャンパーニュなどのアルコールも楽しめる。広々としたバルコニー席からは、浜離宮恩賜庭園の緑と隅田川の豊かな流れ、東京スカイツリーや汐留の高層ビルなど、ウォーターフロントならではの景色がパノラミックに広がる。夜にはここでしか見られないコントラスト鮮やかな夜景が目の前に広がり、カクテル片手にロマンティックな時間を過ごすことができる。

 

メズム東京を利用するのは、トレンドに敏感で感度が高く、アクティブな人が多いという。年齢層はバラバラで、都内在住の人も多いのだとか。

ラグジュアリーな空間でリラックスするだけでなく、メズム東京は新しい発見やインスピレーションを得ることができる、唯一無二のホテルと言えるだろう。

 

text by 松田朝子

 

メズム東京、オートグラフ コレクション

東京都港区海岸1丁目10-30

03-5777-1111

www.mesm.jp

© 2021 Apollon Magazine